多くの方が悩んでます お肌のおなやみについて

お肌の悩み ほくろ

口元にあるほくろや、目尻にある泣きぼくろは、女性の顔に色気を纏わせるワンポイント。場所によって女性の武器になるほくろですが、数が多すぎたり、変な場所にできてしまうと、コンプレックスに感じられることも。ほくろは、シミと同じく紫外線を浴びることで発生するため、日々の紫外線対策が重要。また、ストレスや生活習慣の乱れなどでもほくろができてしまうことがあります。一度できてしまったほくろをセルフケアで除去することは困難。ですが、美容皮膚科の施術を受ければ簡単に除去することができます。

オススメの施術

小さなほくろには レーザー治療

小さなほくろを除去したいという方におすすめの施術です。レーザー治療は、レーザーを照射してほくろを除去します。切開をする必要がないので、痛みも少ないですし、跡も残りにくいです。照射をする時間はほんの数分なので、わずかな時間でも施術が受けられるというのも大きなメリットです。仕事終わりや休憩時間に施術を受けることも可能です。

費用の目安
1カ所:約6千円

大きなほくろには 切開法

大きなほくろを除去したいという方におすすめの施術です。切開法は、外科的手術によってほくろを除去するため、1回の施術で終了します。ほくろを根こそぎ除去するため、再発をする可能性が非常に低いです。切開をするため、跡が残ることがありますが、熟練のドクターによる施術を受ければ跡が残りにくいです。

費用の目安
1カ所:約1万円

※掲載費用はあくまでも目安です。 詳しくは施術クリニックにお問い合わせください。

ほくろ治療 体験者の声

そばかすのようなほくろが無くなり、明るい肌になりました。
一見、そばかすかと思うような細かいほくろが顔中にあったのが、コンプレックスでした。生まれてから20年以上、コンプレックスを抱えたままでしたが、就職を機にほくろを除去することにしました。レーザーの治療だったので痛みも少なかったです。何度が施術を受けることで、跡が残らないほど綺麗になりました。
口元にある大きなほくろがコンプレックスでした。
口元に1センチを超える大きなほくろがありました。メイクをするときにすごく邪魔だし、何よりも見た目が悪くてずっと除去したいと思っていました。そこで、思い切って美容皮膚科で施術を受けることにしました。傷が少し目立ったけど、1ヶ月もすれば元に戻ったので、除去して良かったです。首のほくろも除去してみたいなぁ。
気にして過ごしてた日々が無くなりました。
頬に小さなほくろがいくつもあったのが嫌で、鏡を見るたびに肩を落としていました。メイクでカバーをするのも面倒だし、思い切ってレーザーで除去することにしました。レーザーでも痛みがあると聞いていたので、ビビっていたのですが、輪ゴムでパチパチされる程度だったので、我慢できました。なによりもコンプレックスを解消できるのがすごく嬉しかったです。

このページの先頭へ戻る